« ISU世界フィギュアスケート選手権2015での演技使用曲[男女シングル]をご紹介ヽ(´・∀・`) | トップページ | 【配信限定】2015-2016シーズン フィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック 蝶々夫人 & トゥーランドット」(曲詳細) »

2015年4月28日 (火)

プリンスアイスワールド2015(横浜/4.25.午後の部)での演技使用曲をご紹介ヽ(´・∀・`)

みなさま、おひさしぶりです。ナクソスのスケ担です。

今週は電車が何となく空いているなあと思っていたら、世はまさに16連休時代!! 工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

実際そんな連休になるはずもなく、いつも通り出社しておりますが…いいのです。
今は心も体もすっかり満たされているのだから♥

先週末、TLでも大盛上がりだったPIW2015。実はわたくしも参戦してまいりました。
スケートを滑りに訪れたことは何度かあったのですが、アイスショーは初めてだったので、ものすごく楽しみにしていたのです。

そこで本日はプリンスアイスワールド2015(横浜/4.25午後の部)に出演された皆さまの使用楽曲をまとめてみました。
(うろ覚えですので…間違いなどありましたらお知らせください)



プリンスアイスワールド2015:Prince Ice World
2014年4月25日(土)午後の部 15:30開演
開催場所:神奈川/新横浜スケートセンター


【ACT1】 

太田由希奈 Yukina Ota
アルバム「Roxanne~Le Grand Amour~」より:龍神伝説~菊池文善「天翔獅子」と共に~(古澤巌)

(・∀・)登場した由希奈さんがまるで天女のような美しい出で立ち。

この曲は宮崎県日向のお伊勢さま・大御神社の天翔獅子のテーマ曲を元にし、古澤さんご自身が編曲されたものだそうでして、大御神社の奉納曲としても使用されているのだとか。

本作には雅楽奏者の東儀秀樹さんをゲスト・プレーヤーに迎えているとのことで、雅楽器の音色がしっとりと壮大な世界観を見事に作り出していました。


本田武史 Takeshi Honda
映画「ミッション」より:ガブリエルのオーボエ(エンニオ・モリコーネ) NML

(・∀・)映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネによる作品。歌姫サラ・ブライトマンが直接本人に交渉をして、この曲に歌詞をつけて誕生したのが「ネッラ・ファンタジア」というのは有名なお話です。

今でも多くのスケーターに愛される曲のひとつで、しーさまこと荒川静香さんも2013年のPIWにて、この曲のプログラムをお披露目しています。


樋口新葉 Wakaba Higuchi
映画「マスク・オブ・ゾロ」オリジナルサウンドトラックより:処刑場(ジェームズ・ホーナー) ほか

(・∀・)赤と黒のお衣裳で颯爽と現れた新葉ちゃん。前回はチャルダッシュやガーシュウィンのピアノ協奏曲といった元気溢れる曲構成だったので、一転した大人の選曲に目は釘づけでした。

使用されていたのは映画「マスク・オブ・ゾロ」のOSTの一番初めに収録されている「処刑場」という曲。
もうかれこれ17年前の映画作品なわけですが、フィギュアスケートではよく使用されているので人気の高い曲なんだという印象があります。

やはり女性が演じるとなると、エレナ・モンテロなのでしょうか!(さすがにアレハンドロでは…ない…か)


小塚崇彦 Takahiko Kozuka
アルバム「Concierto~魂祭~」より:レスペート・イ・オルグージョ~誇りと敬意(ファルーカ)(沖仁)

(・∀・)今シーズンも革新的なプログラムで多くのファンを魅了してくれた崇彦さん。それはEXも当然でお衣裳もさることながら、昨年の今頃は「タカタンゴ」「フラメン彦」と挨拶代りのようなTLになっていたことを思い出します…。そしてそのお披露目時の衝撃たるや…(思い出すと倒れそう)。

この演技を生で見ることができて、私は本当に幸せ者です。

音楽に対するこだわりは人一倍ともいわれる崇彦さん。それは過去のプログラムを見ても一目瞭然。
毎年毎年、あらたな一面を見せてくれ、その都度ファンの期待に応えてくれる。今年も待っています、崇彦さん!!


【ACT2】 

織田信成 Nobunari Oda
スター・ウォーズ・エピソード V 「帝国の逆襲」より:帝国のマーチ(ダース・ヴェイダーのテーマ)(ジョン・ウィリアムズ) NML
アルバム「ウクレレ・フォース ~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~」より:帝国のマーチ(ダース・ヴェイダーのテーマ) ※栗コーダーカルテットによる演奏 ほか

おだく------(・∀・)-----------ん!!という会場コールとともに登場した黒いマント姿の人影…手には赤いライトセーバー…そして聞こえるあのテーマ…( ゚д゚)ハッ!
織田くんの新プログラムは映画「スターウォーズ・エピソードV」帝国の逆襲より:帝国のマーチをBGM。

あまりにもキリリとした表情で登場するのでドキドキしたのもつかの間、突然栗コーダーカルテットさんによる「帝国のマーチ」が流れてきたので、会場はみな大爆笑!!おさすがです。


安藤美姫 Miki Ando
子守唄(溝上日出夫)

(・∀・)この作品は故溝上日出夫先生(元国立音楽大学の作曲科・教授)による「子守唄」というピアノ曲です。

先生は1936年福岡の北九州にお生まれになり、国立音高~大学を経てその後、数多くの歌曲や童謡を手掛けられました。また音楽教育の指導にも力をいれておられ、当時はNHK「うたのえほん」や「みんなのうた」などでも先生の作品を聞くことができました。

演技中の美姫ちゃんは柔らかくしなやかでありながら力強さを併せ持ち、会場全体がその広大な優しさに包まれているような雰囲気に満たされていました。


鈴木明子 Akiko Suzuki
ミュージカル「モーツァルト!」より:第1幕 星から降る金(シルヴェスター・リーヴァイ)

(・∀・)あっこちゃんの新プログラムは、なんとミュージカル「モーツァルト!」よりヴォルフガングの支援者であるヴァルトシュテッテン男爵夫人が、彼をこの世へ出すためにウィーンへと誘うシーンで歌われる曲です。

外の世界で自力で生きていくために、存在するということ、生きるということ、愛するということの厳しさ、そして「あなたならできる」という希望と愛に溢れた夫人の歌詞(言葉)が、美しいメロディと共にヴォルフの背中を押してくれるのです。

ドイツ語による歌唱はおそらく、数々のミュージカルで活躍してきたレネケ・ヴィレムゼンによるものだと思います。かわいい子には、旅をさせよ。


町田樹 Tatsuki Machida
4つの即興曲 Op. 90, D. 899 第3番 変ト長調(シューベルト) NML

(・∀・)冒頭流れた瞬間、ミヒャエル・ハネケ監督の「愛、アムール」がよみがえりました(先週借りてみていた)。
そこからは何を言わずとも涙が溢れてくるばかり。どうしようもなく、儚い。

即興曲は19世紀におもにピアノのために書かれた特定の気分や表題を想起させる小品の一種で、作曲上はとくに決まった形式はないとされています。きっとシューベルトもインスピレーションの赴くまま作曲したことでしょう。
しかし彼自身この曲を作曲した1年後、なんと31歳という若さでこの世を去ってしまうのです。
多くの友人たちから愛されていたシューベルト。彼の遺作となった歌曲集「白鳥の歌」をはじめ、未発表となっていた1000曲以上のうちおよそ1/3は、彼の死を弔う友人たちの協力で世に送り出すことができたと言われています。

町田さんが本演技に名づけたタイトルは「継ぐ者」。
ベートーヴェンを尊敬していたシューベルト。その彼もまた愛する仲間たちによって作品が継がれ、さらに現代の私たちの耳にも届き、聞き継がれているのだということが、あらためて感慨深い気持ちにさせてくれるのでした。


荒川静香 Shizuka Arakawa
アヴェ・マリア(J.S.バッハ/グノー) NML

(・∀・)しーさまが今年選んだプログラムの曲はJ.S.バッハ/グノーによる「アヴェ・マリア」でした。
誰もが耳にしたことのある有名なアヴェ・マリア。それもそのはず、この曲は音楽の父・大バッハによる「平均律クラヴィーア曲集 第1巻:第1番 ハ長調 BWV.846」の前奏曲を伴奏とし、その上に歌詞をつけた作品なのです。

しーさまといえば、2006年のPIWでも「アヴェ・マリア」を使用されていましたが、こちらはシューベルトの作品でした。

「アヴェ・マリア」の作品はほかにも多く存在しますので、ぜひこれからもたくさん滑ってほしい!なんて思ってしまいます。
たとえばマスカーニの「アヴェ・マリア」はもちろん、ドニゼッティトスティなども素敵だと思います…。
来年のPIWにも期待をしてしまいますっ


プリンスアイスワールドチーム
・ミュージカルテレビドラマシリーズ「glee/グリー」サウンドトラックより:Don't Stop Believin'(愛に狂って)
・映画「ニュー・シネマ・パラダイス」より:メインテーマ(エンニオ・モリコーネ) NML
・映画「ライムライト」より:エターナリー(チャーリー・チャップリン) NML
・映画「キル・ビル」より:BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY(布袋寅泰)
・アルバム「the ジブリ set」より:Take Me Home Country Roads(Daishi Dance)
・ボレロ(ラヴェル) NML ほか…


( ´∀`)つ❁❁❁❁ふれあいタイム❁❁❁❁ヽ( ´∀`)


夢のような2時間に始終うっとり…心行くまで堪能することができました(*´∀`*)-3
いやーアイスショーって本当にいいものですね!
明日以降はまた新たなゲストを迎えての公演なので、また違った雰囲気のショーが繰り広げられるのでしょう(うらやましい…)

2ヶ月後には新シーズンを控えていますし、今からもうワクワクドキドキの連続です!
来季も変わらず、応援していきたいと思いますw

*.....*.....*.....*

2014-2015シーズン フィギュアスケート・クラシック・アルバム
『銀盤クラシック オペラ座 to 第九』 好評配信中!

2014-2015シーズンはこちら↓
銀盤クラシック オペラ座 to 第九 2014-2015 

copyright © naxos japan all rights reserved.

« ISU世界フィギュアスケート選手権2015での演技使用曲[男女シングル]をご紹介ヽ(´・∀・`) | トップページ | 【配信限定】2015-2016シーズン フィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック 蝶々夫人 & トゥーランドット」(曲詳細) »

銀盤シリーズ(フィギュアスケート関連)」カテゴリの記事

コメント

I appreciate you sharing this article.Thanks Again. Really Cool. ceacgadffeab

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1172849/59792532

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスアイスワールド2015(横浜/4.25.午後の部)での演技使用曲をご紹介ヽ(´・∀・`):

« ISU世界フィギュアスケート選手権2015での演技使用曲[男女シングル]をご紹介ヽ(´・∀・`) | トップページ | 【配信限定】2015-2016シーズン フィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック 蝶々夫人 & トゥーランドット」(曲詳細) »

無料ブログはココログ