« 【配信限定】ソチ冬季五輪シーズンフィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック50 女子シングル」(曲詳細) | トップページ | ソチ冬季五輪シーズンフィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック」のススメ »

2013年10月17日 (木)

フィギュアスケートにおけるクラシックの編曲(構成)について

鉄道オタクには「乗り鉄」「地(図)鉄」「撮り鉄」などがいると耳にしますが、そうすると私は「曲スケ」とでもいうのでしょうか(そんなのあるのか)

ナクソスへ入社してから銀盤クラシックの担当となり早ウン年。
フィギュアスケートが好きなことはもちろんスケーターの演技使用曲を調べたり、曲の構成から何を表現しているのかなどを考察することが特に好きで、今ではそれをつぶやいたりする始末。

ことのきっかけは昔フィギュアスケートの試合をテレビで見ていたとき、「○○(選手名)、フリーはカルメン」というアナウンスを聞いたこと。

(カルメンはカルメンでもビゼーのカルメンなのか、シチェドリン編曲のカルメン組曲なのか、何幕のどの場面のどの部分を使っているのか…)と、ふと頭をよぎったことでした。

全体的にとらえれば「カルメン」に違いないのですが、実際のカルメンは歌劇であれば3時間弱Σ(*゚д゚*)、CDにして40トラック近い(!!)曲数で構成されているのです。

しかも曲はそれぞれの場面において物語として進行しているので、オペラやバレエを演技使用曲として選んだ選手の多くは、数トラックを選曲&編曲して使用することが珍しくありません。
ましてや男性のカルメンと女性のカルメンでは、当然役どころが違ってきますし、どの部分をどのように使用しているかで選手たちの表現していることにも違いが出てくるというわけなのです。

話は変わりますが去年、浅田真央選手がフリーで選んだ曲はチャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」でした。
最後のステップシークエンスで流れていた曲はその「白鳥の湖」の第3幕“黒鳥とジークフリート王子のグラン・パ・ド・ドゥよりコーダ”、通称「32回フェッテ」と呼ばれる超絶技巧で有名なシーンのものでした。

実際の浅田選手の演技でもこの黒鳥の32回フェッテを表現したような回転の多いステップがあり、バレエのオリジナルに近い印象を受けました。

このように選手の演技をより深く理解するためには、オリジナルの作品と見比べたり、細かく楽曲の分析をしてみるのも、手段として面白いのではないかなあと思うのです(・∀・)

例えば…

・パトリック・チャン(カナダ/男子シングル)

ヴィヴァルディの「四季」がメインのフリープログラム。
興味深いのはその楽曲が「夏~クリスマス~冬」という内容で構成されているということ。
季節的に言えばクリスマスも冬にあたりますが、その後に選曲された「冬」は、来年の2月頃(ソチ五輪)の冬をイメージしたのかな(とか)


・エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ(グルジア/女子シングル)
アダンのバレエ音楽「ジゼル」より。4つの場面の楽曲を編曲した構成。
1幕と2幕が錯綜しており、森の精霊ウィリーとその女王ミルタが登場する時にはジゼルは亡霊となっているはずだが、この曲の流れではまだ死んでもいないという…(ノ∀`)タハー


・グレイシー・ゴールド(アメリカ/女子シングル)
チャイコフスキーのバレエ音楽「眠りの森の美女」より。2つの場面の楽曲を編曲した構成。
華やかなピンクの衣裳で滑るローズ・アダージョ(ばらのアダージョ)は、きっとオーロラ姫を演じているのでしょうね(*´ω`*)


・本郷理華(日本/女子シングル)
ミンクスのバレエ音楽「ドン・キホーテ」より。4つの場面の楽曲を編曲した構成。
演じられているのはもちろんキトリ。
町の広場で開かれる舞踏会のシーン~ドン・キホーテの夢のシーン~最後はキトリとバジルの結婚式シーンにつながります。
本郷選手のドン・キホーテは第1幕~第3幕まで偏りなく選曲されており、要所をおさえたフリープログラムになっていると感じました。


-------


編曲に関しては好みや意見もあると思いますが、個人的に元々の素材(オリジナル)を生かしている人はうまいなあと感じます。

たとえば、アイスダンスのメリチャリことメリル・デービス&チャーリー・ホワイト。
去年のFD喜歌劇「こうもり」の編集は本当にお見事でした(≧∀≦)
(あまりにも自然なつなぎと明確さ、だのに優雅でエレガントかつ大胆でエキサイティング)

曲も演技もいかにブラッシュアップし、洗練されたものに構築していくか。
鬼のような過酷な作業ですが、これこそがアスリートの極致なのでしょう (☍﹏⁰)スゴイ

さてそんな彼らの戦いが今週本格的にはじまります。
そう、グランプリシリーズの開幕デス!

次回はGPシリーズにおすすめのソチ冬季五輪シーズンフィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック50」の楽しみ方をご紹介します。

お楽しみに~(o゚∀゚o)

*.....*.....*.....*

ソチ冬季五輪シーズンフィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック」シリーズ好評配信中


2013-2014シーズンはこちら↓
銀盤クラシック ソチ篇 2013-2014 
銀盤クラシック50 男子シングル 2013-2014 
銀盤クラシック50 女子シングル 2013-2014 
銀盤クラシック40 アイスダンス&ペア 2013-2014 

copyright © naxos japan all rights reserved.

« 【配信限定】ソチ冬季五輪シーズンフィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック50 女子シングル」(曲詳細) | トップページ | ソチ冬季五輪シーズンフィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック」のススメ »

銀盤シリーズ(フィギュアスケート関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1172849/53610492

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケートにおけるクラシックの編曲(構成)について:

« 【配信限定】ソチ冬季五輪シーズンフィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック50 女子シングル」(曲詳細) | トップページ | ソチ冬季五輪シーズンフィギュアスケート・クラシック・アルバム「銀盤クラシック」のススメ »

無料ブログはココログ