« 2012年12月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年3月13日 (水)

ISU世界フィギュアスケート選手権大会2013の演技使用曲をご紹介しますd(`Д´)b

,。・:*:・゚'☆,。・:*: ,。・:*:・゚'☆,。・:*: ,。・:*:・゚'☆,。・:*: ,。・:*:・゚'☆,。・:*: ,。・:*:・゚'☆,。・:*: ,。・:*:・゚'☆,。・:*: 

【 銀盤クラシック7 - for Figure Skating 2012-2013 】
https://itunes.apple.com/jp/album/yin-pankurashikku7-for-figure/id574403396

,。・:*:・゚'☆,。・:*: ,。・:*:・゚'☆,。・:*: ,。・:*:・゚'☆,。・:*: ,。・:*:・゚'☆,。・:*: ,。・:*:・゚'☆,。・:*: ,。・:*:・゚'☆,。・:*:

ようやく春の暖かさを感じられる3月のこの時期。
南風の恵みに心躍らせるつつも、興奮とワクワクでネムレナーイ!というここ数日間の原因はそう、
今週開催される【ISU世界フィギュアスケート選手権2013】のせい…!()

ずっと心待ちにしていました。だって何を隠そうこの世界選手権で
来年ソチ五輪の出場枠が決まる』と言っても過言ではないからです!

というのもフィギュアスケートの個人種目の五輪出場枠の大半は、
五輪前年の世界選手権の結果で各国・地域に配分されるのですが、
来年ソチ五輪の男子と女子は、各30枠のうち24枠が今回の世界選手権(カナダ)大会で決まるのです。

日本は男女各3人ずつ出場するので、男女ともに3人中、上位2人のポイント合計が13点以上なら3枠
14~28点なら2枠を獲得できることになります。(残りは1枠ずつ配分されます)

ああ。そのため選手たちは加点をもらうために、どれだけ努力を強いられていることか。
難易度の高いジャンプを後半に入れたり、本番間際でプログラムを見直したり…。

さらには衣装についている装飾物。(例えば「羽」など)
あれが氷上に落ちるとそれだけで減点されるってご存知でしたか?
そういえば、浅田真央選手のフリーの衣装も少し変わりましたよね。
そりゃあのキレッキレの演技に加え、高速スピンなど繰り出せば、羽一枚くらい落ちますよ!

とは言っても見逃してくれないのが、審査員。
今季男子フィギュアはかつてない4回転時代を迎えているというのに、
全く動じずにジャッジを下すあたりはさすがといいますか、どうなんでしょう。

とにもかくにも、人類最強の美と技を持った選手たちの頂上決戦が、もうまもなく、
始まろうとしているのです!

今回もこりずに調べました。
世界フィギュアスケート選手権2013に出場する選手の演技使用曲(クラシックのみ)です!

------------------------------------------
ISU世界フィギュアスケート選手権2013
3月13日(木)~17日(日)

------------------------------------------
※スマートフォン対応です(購入はDoCoMoのみ)

~女子~

「アイ・ガット・リズム」変奏曲 /ガーシュウィン
※浅田真央選手(日本)~ショートプログラム
バレエ音楽「白鳥の湖」より第2幕《情景》/チャイコフスキー
バレエ音楽「白鳥の湖」より第3幕《黒鳥(オディール)とジークフリート王子のグラン・パ・ド・ドゥよりアダージョ》/チャイコフスキー
バレエ音楽「白鳥の湖」より第3幕《ジークフリート王子のヴァリアシオン》/チャイコフスキー
バレエ音楽「白鳥の湖」より第3幕《黒鳥(オディール)とジークフリート王子のグラン・パ・ド・ドゥよりコーダ》/チャイコフスキー
※浅田真央選手(日本)~フリープログラム

オブリヴィオン(忘却) /ピアソラ
※村上佳菜子選手(日本)~フリープログラム

組曲「ガイーヌ」 - 剣の舞 /ハチャトゥリアン
※ユリア・リプニツカヤ選手(ロシア)~ショートプログラム
バレエ音楽「くるみ割り人形」 - 第2幕《こんぺい糖と王子のグラン・パ・ド・ドゥよりアダージョ》/チャイコフスキー
※ユリア・リプニツカヤ選手(ロシア)~フリープログラム

スペイン奇想曲:第4曲《シェーナとジプシーの歌》/リムスキー=コルサコフ
スペイン奇想曲:第5曲《アストゥリア地方のファンダンゴ》/リムスキー=コルサコフ
※アデリナ・ソトニコワ選手(ロシア)~ショートプログラム

ラプソディー・イン・ブルー /ガーシュウィン
※アグネス・ザワツキー選手(アメリカ)~フリープログラム

バレエ音楽「カルメン組曲」 - 序奏 /シチェドリン
バレエ音楽「カルメン組曲」 - アラゴネーズ /シチェドリン
バレエ音楽「カルメン組曲」 - 第2幕への前奏曲 /シチェドリン
バレエ音楽「カルメン組曲」 - タバコ工場の女たち&セイディーリャ /シチェドリン
バレエ音楽「カルメン組曲」 - 前奏曲&花の歌 /シチェドリン
※ ケイトリン・オズモンド選手(カナダ)~フリープログラム

ヴァイオリン協奏曲「レッド・ヴァイオリン」 - 第1楽章 /コリリアーノ
※アシュレイ・ワグナー選手(アメリカ)~ショートプリグラム
歌劇「サムソンとデリラ」 - バッカナール /サン=サーンス
歌劇「サムソンとデリラ」 - 第2幕《あなたの声に私の心も開かれていく》 /サン=サーンス
※アシュレイ・ワグナー選手(アメリカ)~フリープログラム

序奏とロンド・カプリチオーソ /サン=サーンス
※リア・カイザー選手(アメリカ)~ショートプリグラム
バレエ音楽「四季」より冬 - 序奏 /グラズノフ
バレエ音楽「四季」より冬 - コーダ /グラズノフ
バレエ音楽「四季」より秋 - アダージョ /グラズノフ
バレエ音楽「四季」より秋 - 情景とアポテオース /グラズノフ
※リア・カイザー選手(アメリカ)~フリープログラム

ヴァイオリン ト短調 「悪魔のトリル」 /タルティーニ
※カロリーナ・コストナー選手(イタリア)~ショートプログラム
ボレロ /ラヴェル
ボレロ(終結部) /ラヴェル
※カロリーナ・コストナー選手(イタリア)~フリープログラム

アランフェス協奏曲 - 第2楽章 /ロドリーゴ
※アリョーナ・レオノワ選手(ロシア)

黒い瞳 /伝承曲
※李 子君(ジジュン・リー)選手(中国)~ショートプログラム
バレエ音楽「眠りの森の美女」 - 青い鳥とフロリナ王女のアダージョ /チャイコフスキー
バレエ音楽「眠りの森の美女」 - 第3幕《青い鳥のヴァリアシオン》 /チャイコフスキー
バレエ音楽「眠りの森の美女」 - 第3幕《オーロラ姫のヴァリアシオン》 /チャイコフスキー
バレエ音楽「眠りの森の美女」 - 第1幕《ばらのアダージョ》 /チャイコフスキー
※李 子君(ジジュン・リー)選手(中国)~フリープログラム

映画「シンドラーのリスト」より - メイン・テーマ /J.ウィリアムズ
※エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ選手(グルジア)~ショートプリグラム
バレエ音楽「ドン・キホーテ」 - 第1幕《ロレンツォ、キトリとバジル》 /ミンクス
バレエ音楽「ドン・キホーテ」 - 第1幕《キトリのヴァリアシオン》 /ミンクス
バレエ音楽「ドン・キホーテ」 - 第3幕《花のワルツ》 /ミンクス
バレエ音楽「ドン・キホーテ」 - 第3幕《キトリとバジルのグラン・パ・ド・ドゥよりコーダ》 /ミンクス
※エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ選手(グルジア)~フリープログラム

~男子~

ピアノ・ソナタ第14番「月光」 - 第1楽章 /ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第14番「月光」 - 第3楽章 /ベートーヴェン
※高橋大輔選手(日本)~ショートプログラム
歌劇「道化師」 - 衣裳をつけろ /レオンカヴァッロ
歌劇「道化師」 - プロローグ /レオンカヴァッロ
歌劇「道化師」 - いいわ、私があなたに相応しくないとお思いなら・・・喜劇は終わりました!(終幕) /レオンカヴァッロ
※高橋大輔選手(日本)~フリープログラム

スペイン組曲「アンダルシア」 - 第6曲[マラゲーニャ] /レクオーナ
※無良祟人選手(日本)~ショートプログラム

パガニーニの主題による狂詩曲 /ラフマニノフ
※ロス・マイナー選手(アメリカ)~ショートプログラム

協奏曲第4番 ホ短調(ピアノとオーケストラの) - 第1楽章 /アンドレ・マテュー
協奏曲第4番 ホ短調(ピアノとオーケストラの) - 第2楽章 /アンドレ・マテュー
協奏曲第4番 ホ短調(ピアノとオーケストラの) - 第3楽章 /アンドレ・マテュー
※ケヴィン・レイノルズ選手(カナダ)~フリープログラム

ヴァイオリン協奏曲第1番 - 第1楽章 /ブルッフ
※ヨリック・ヘンドリクス(ベルギー)~フリープログラム

幻想的小品集 - 悲歌 /ラフマニノフ
※パトリック・チャン選手~ショートプログラム
歌劇「ラ・ボエーム」より第2幕《ムゼッタのワルツ(私が街をあるけば)》/プッチーニ
歌劇「ラ・ボエーム」より第1幕《冷たい手を》/プッチーニ
※パトリック・チャン選手(カナダ)~フリープログラム

映画「ライムライト」より《エターナリー》/チャールズ・チャップリン
※ハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)~フリープログラム

交響曲第4番 - 第1楽章 /チャイコフスキー
交響曲第4番 - 第2楽章 /チャイコフスキー
※宋 楠(ソン・ナン)選手(中国)~フリープログラム

(。╹ω╹。)今月の注目スター(。╹ω╹。)
先月の四大陸選手権大会では、ショート6位から見事大逆転したケヴィン・レイノルズ選手。
彼のフリープログラムは不遇なピアニスト、アンドレ・マテューによる
「協奏曲第4番 ホ短調(ピアノとオーケストラの)」。
なかなか認められずにいた二人が、見事才能を開花した瞬間でした。
二人の姿が重なってみえてくるような、感動的な作品です。


copyright © naxos japan all rights reserved.

« 2012年12月 | トップページ | 2013年10月 »

無料ブログはココログ