« マリン・オールソップ女史来日!Vol.2 女史、タワーレコード渋谷店訪問! | トップページ | NML Vol.40 鬼の音楽☆ »

2010年1月28日 (木)

NML Vol.39 また一人・・・追悼

こんにちわ、NMLYasuです♪

いきなり暖かくなったり寒くなったりで、若干カゼっぽいのです。。。今日は暖かいしgawkまだインフルにはかかってないので、いつ襲来してくるかドキドキしてます~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

さて、前回大指揮者オトマール・スイトナー氏が亡くなってしまいましたが、またしてもクラシック界の巨匠がお亡くなりになりました。ピアニストのアール・ワイルド氏享年94歳。

アールワイルド(リンク先はNMLの収録一覧)

wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89

日本語公式サイトもあるくらい、日本人には非常に人気があります。ホロヴィッツをはじめとする、20世紀を代表するヴィルトゥオーゾ・ピアニストとして活躍し、80歳を過ぎても数々の難曲を弾いていたことも有名は話です。最近新たに追加されたレーベル「Chesky」に彼の録音が多数収録されています。ラフマニノフの協奏曲はもちろん、ショパンのエチュードと協奏曲、自作とてんこもりです。クラシックの録音も多いのですが、ジャズの演奏でも有名でした。ピックアップするアルバムは、ジャズっぽいのもを。

Cd98 ワイルド:「ドゥー・ダー」の主題による変奏曲/ガーシュウィン:ピアノ協奏曲 ヘ長調(ワイルド)

 

 

 

 

ワイルドの自作の変奏曲とお得意ガーシュウィンの協奏曲。変奏曲はフォスターの有名な「草競馬」が主題になっている、なかなか愉快な作品です。でも、どことなくガーシュウィンっぽい。ホームページのディスコグラフィーを見てみると、ガーシュウィンを10回も録音していましたsign02どんだけすきなんでしょうか。でも、よく見たら「ラプソディ・イン・ブルー」は30回超えてます…。同じ曲こんなに録音する人見た事ありません。

20世紀最後のヴィルトゥオーゾ・ピアニストのご冥福をお祈り致します。

 

イイgoodと思ったらポチっdogとな。よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ  音楽ブログランキング

« マリン・オールソップ女史来日!Vol.2 女史、タワーレコード渋谷店訪問! | トップページ | NML Vol.40 鬼の音楽☆ »

NML」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1172849/33156528

この記事へのトラックバック一覧です: NML Vol.39 また一人・・・追悼:

« マリン・オールソップ女史来日!Vol.2 女史、タワーレコード渋谷店訪問! | トップページ | NML Vol.40 鬼の音楽☆ »

無料ブログはココログ