« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月28日 (木)

NML Vol.39 また一人・・・追悼

こんにちわ、NMLYasuです♪

いきなり暖かくなったり寒くなったりで、若干カゼっぽいのです。。。今日は暖かいしgawkまだインフルにはかかってないので、いつ襲来してくるかドキドキしてます~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

さて、前回大指揮者オトマール・スイトナー氏が亡くなってしまいましたが、またしてもクラシック界の巨匠がお亡くなりになりました。ピアニストのアール・ワイルド氏享年94歳。

アールワイルド(リンク先はNMLの収録一覧)

wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89

日本語公式サイトもあるくらい、日本人には非常に人気があります。ホロヴィッツをはじめとする、20世紀を代表するヴィルトゥオーゾ・ピアニストとして活躍し、80歳を過ぎても数々の難曲を弾いていたことも有名は話です。最近新たに追加されたレーベル「Chesky」に彼の録音が多数収録されています。ラフマニノフの協奏曲はもちろん、ショパンのエチュードと協奏曲、自作とてんこもりです。クラシックの録音も多いのですが、ジャズの演奏でも有名でした。ピックアップするアルバムは、ジャズっぽいのもを。

Cd98 ワイルド:「ドゥー・ダー」の主題による変奏曲/ガーシュウィン:ピアノ協奏曲 ヘ長調(ワイルド)

 

 

 

 

ワイルドの自作の変奏曲とお得意ガーシュウィンの協奏曲。変奏曲はフォスターの有名な「草競馬」が主題になっている、なかなか愉快な作品です。でも、どことなくガーシュウィンっぽい。ホームページのディスコグラフィーを見てみると、ガーシュウィンを10回も録音していましたsign02どんだけすきなんでしょうか。でも、よく見たら「ラプソディ・イン・ブルー」は30回超えてます…。同じ曲こんなに録音する人見た事ありません。

20世紀最後のヴィルトゥオーゾ・ピアニストのご冥福をお祈り致します。

 

イイgoodと思ったらポチっdogとな。よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ  音楽ブログランキング

2010年1月26日 (火)

マリン・オールソップ女史来日!Vol.2 女史、タワーレコード渋谷店訪問!

こんにちは。NMLFishandChickenです。

1月23日の土曜日、タワーレコード渋谷店のインストアイベンに、来日中のオールソップ女史が出演されました。

前日22日(金)のサントリーホールでの読響との公演(バーバーの交響曲第1番と、マーラーの交響曲第1番)は、ステレオタイプな「女性的」なイメージを吹き飛ばすような彫りの深い、それでいて爽やかさも持ち合わせた、まさに「快演」と呼ぶにふさわしい演奏で、聴衆を大熱狂の渦に巻き込みました。前半が終わった時点で、バーバーのCDが飛ぶように売れ、終演後のサイン会には80人近くの方に並んでいただいたことからも、いかに聴衆の方が喜ばれたかわかろうというものです。

サミュエル・バーバー (1910-1981)は、映画「プラトーン」にも使われた「弦楽のためのアダージョ」で圧倒的に有名な作曲家で、彼のシンフォニーをほとんどの方が今回初めて聴いたのではないかと思いますが、女史は、ナクソスにバーバーの作品集をCD6枚にわたって録音するほどバーバーに対する愛着を抱いており(当日は暗譜での指揮でした!)、その思い入れが客席にも伝わったと思います。

そんな熱が冷めやらないうちの、翌日のイベントです。
お疲れのところ申し訳ないなあと思いつつ、滞在先の都内某ホテルにマエストラをお迎えに。

道中、これまでにタワレコのイベントに出演した有名アーティストの名前を挙げ、アンドレ・プレヴィンが昨秋出た、というと、「彼はまだ元気か?」としきりに気にされているようでした。(※彼は現在81歳で、昨年N響を指揮するために来日しました。)

さほどの渋滞にも巻き込まれずに無事タワーレコードに到着し、6Fのクラシック売り場に
お通しすると、店内を見渡して一言、

"Fantastic!!"

クラシックだけでこれほどの売場面積を誇るお店は、欧米でもレアなのでしょう。
すぐさま店内を歩き出したマエストラに、

「休憩室で休まれますか?」と伺っても、
「見て回っているからいいわ」と。

そうしているうちに、司会進行の方と通訳の方が到着しましたが、挨拶もそこそこに、「続きを見るわ」といってまた売り場に戻って行かれ、結局、イベントが始まる段になってスタッフが手招きをし、売り場から直接登壇していただく格好となりました(笑)。

イベントでは、9歳の時にバーンスタインの指揮に接して指揮者を志したという生い立ちの話から、ジャズへの愛着(スウィング・ジャズのバンドを組んで演奏までしていたそうです)、そして近日発売予定のジョン・アダムズの「中国のニクソン」や、現在グラミー賞候補にもなっているバーンスタインの「ミサ曲」の録音について(いずれも「古典」となるべき素晴らしい作品との評価)、女性指揮者の今後について(この20年で女性の各方面への進出はめざましく、明るい希望を持っているとのこと)など、多方面に渡りました。

終了後は恒例のサイン会。
多くの方に並んでいただき、大変に有難うございました。

P1020533









トークショーの様子

 

P1020553









快くサインに応じるマエストラ


その後は、司会進行を務められた音楽ライターの片桐卓也氏が執筆されている雑誌「CDジャーナル」の記事向けのインタビュー。記事は「CDジャーナル」3月号(2月20日発売予定)に掲載されますので、お楽しみに!

帰り、マエストラをホテルまでお送りするべく、タクシーを走らせると、「新宿の高島屋で降ろしてほしい。あとは自分で帰るから」とのことで、急きょ行き先を変更。

国立競技場や明治神宮の前を観光案内をしつつ通り過ぎ、JR原宿駅前に差し掛かると、誰か有名人が通るのか、歩道にものすごい人だかり。マエストラが「Crazy!」と叫ぶと、タクシーの運転手さんも笑っておりました。

高島屋の前でタクシーを降り、握手をしたマエストラの手はマシュマロのような柔らかさ!
今日のイベントと往復の移動が、慌ただしい日程の中のマエストラ気分転換になっていたらいいなと思いつつ、お別れをしました。

マエストラの日程は、残るは26日(火)の東京芸術劇場、27日(水)のサントリーホールの2公演で、曲はいずれもモーツァルトとブラームスです。
前回より有名曲で、お客さんも多く来ると思いますから、良い席が欲しい方はチケットを即ゲットしましょう!

2010年1月21日 (木)

マリン・オールソップ女史来日!Vol.1 女史、ナクソス・ジャパン訪問!

こんにちは。NMLFishandChickenです。

かねてより、ナクソスの公式サイト特設ページなどでお知らせしてまいりましたが、ナクソスが誇る看板アーティストであり、現代を代表する指揮者の一人である、マリン・オールソップ女史が、日本を代表するオーケストラである読売日本交響楽団に客演するために、このたび来日を果たしました!
このブログにて、その模様を数回に分けてレポートしてまいります。

オールソップ女史は1956年生まれ。
ジュリアード音楽院でヴァイオリンを学ぶ一方、レナード・バーンスタイン小澤征爾に師事して指揮を学び、現在はアメリカ・ボルティモア交響楽団の音楽監督の地位にあり、また世界の名だたる楽団に客演を続ける、まさに現代のクラシック音楽界を代表するマエストラです。
ナクソスからも、ブラームスやドヴォルザークのメジャーな作品から、レアなアメリカの近現代の作品まで、数十点の録音をリリースしている重要な存在で、彼女のバーンスタインの「ミサ曲」は現在2010年のグラミー賞にもノミネートされています。

2010年1月17日(日)夜、アメリカから10時間のフライトを経て日本に到着した女史は、18日に次ぐ19日(火)の読売日響の練習を終えられた後、東京・世田谷区にあるナクソス・ジャパンのオフィスに登場されました!

P1020509_8









歓迎ポスター(サインを後でいただきました)

P1020506_2









オフィス入口のCDも女史のもの一色に

この日はナクソスのオフィスにて、読売新聞社と、クラシック専門のインターネットラジオ局であるOttavaの2件のインタビュー取材が行われました。

読売新聞社の取材では、自身の経歴、自らのレパートリーや音楽監督を務めるボルティモア交響楽団での活動のこと、そして今後の録音予定のことなどをお話されました。詳しくは読売新聞の記事を楽しみにお待ち下さい(掲載日が分かり次第、この場でお知らせ致します)。

その次のOttavaの取材では、同ラジオのパーソナリティの一人である音楽ジャーナリスト、林田直樹氏によるインタビューでしたが、氏の鋭い視点の反映された、非常に興味深い内容となりました。

P1020500_2









林田直樹氏による取材の模様

インタビューの内容は、23日(土)午前10時からのOttavaの番組「Ottava amoroso」内で放送される予定ですので、お楽しみに!(都合のつかない方も、後からオンデマンドでお聴きいただけます)

終了後、社員全員で記念撮影をし、その後、場所を渋谷のイタリアンレストランに移しての歓迎会でしたが、PMFの音楽監督を務めたバーンスタインに呼ばれて1990年に初来日した時のこと、もう一人の師匠の小澤征爾氏の病状を気遣う話、今後予定されているフィリップ・グラスヘンリク・グレツキの作品の初演の話(グラスの2番目のヴァイオリン・コンチェルトを初演!されるとのこと)、CDやネット配信の未来について等々、多方面に話が咲きました。

彼女は、指揮者らしい眼光の鋭さを放ちながらも、その物腰は終始柔らかく、とても気さくであり、圧力ではなく、内面から人を共感させ動かすことのできる、まさに21世紀の指揮者像、リーダー像を体現している存在であるように感じられました。
(ちなみにこの時の模様は、出席されていた林田さんがTwitterで中継されています。)

今後も、短い滞在日程の中、22日、26日、27日の各公演、23日のトークショーとサイン会、(タワーレコード渋谷店で15時から)、そして勿論日々の練習・リハーサルと、予定が目白押しです。(公演の詳細は、読売日本交響楽団ウェブサイトをご覧下さい)

我々ナクソス・ジャパンのスタッフも、彼女の演奏に録音では親しんでいましたが、生で聴くのは今回が初めてであり、大変楽しみにしているところです。

今回を逃すと日本では次にいつ聴けるかわからない、現代を代表するマエストラの演奏、是非聴きに出かけてみてはいかがでしょうか?
(終演後はサイン会も開催予定です)

2010年1月14日 (木)

NML Vol.38 マエストロ追悼

こんにちわ、NMLYasuです♪

ついに東京も初雪を観測しましたねsnow昨日も尋常じゃなく寒かったです・・・。体調壊さないように気をつけましょう。

 

昨日飛び込んできたニュースなんですが、なんとあの名指揮者、オトマール・スイトナー氏が死去しました。享年87歳。

N響名誉指揮者、オトマール・スウィトナーさん死去

http://www.asahi.com/obituaries/update/0112/TKY201001120087.html

ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%BC

日本にも度々来日していて、根強いファンは多いはず。決して派手な演奏でありませんが、正統なドイツのオーケストラの響きをこの世に残してくれました。モーツァルト、R. シュトラウス等のオペラ演奏は定評があり、数々の名演があります。オペラ以外にもレパートリーは幅広く、ベートーヴェン、ドヴォルザークの交響曲全集は一度は聞いておくべき演奏。そんな中、以外ともいえるレパートリーを発見しました。なんとスイトナーの正統ドイツを打ち砕くロシアものsign01

 

 

0030352bc_2 ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」(シュターツカペレ・ドレスデン/スイトナー)

 

 

 

 

 

 

1962年の録音。スイトナーのレパートリーから、まさかストラヴィンスキーが出てくるとは思いませんでした。しかも「春の祭典」なんて。。。あの温厚な印象からは想像もできないほど、荒れてます(笑)やっぱりロシアものは血が騒ぐのでしょうかimpact内に眠る感情が爆発したかのような演奏です。特にティンパニ必聴。これは良いgoodスイトナーの意外な一面が垣間見れる唯一(?)の名盤に違いありません。

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

イイgoodと思ったらポチっdogとな。よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ  音楽ブログランキング

2010年1月 7日 (木)

NML Vol.37 2010年の作曲家は?

あけましておめでとうございますfujiNMLYasuです♪

本年度もNaxosのご支援、よろしくお願い致します。m(_ _)m

年末年始は雪国の実家に帰ってましたが、大晦日からいきなり雪が降り始め、年が明けたら50㌢くらいの積雪。。。あまりの寒さに初詣行けませんでしたgawkほとんど外に出ることもなく、家でゴロゴロしてたお正月です。

昨年のメモリアル・コンポーザーはヘンデルハイドンたちでした。今年は大物が揃ってますね。

ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ(Giovanni Battista Pergolesi、1710年-1736年) 生誕300年

フレデリック・ショパン(Frédéric François Chopin、1810年-1849年) 生誕200年

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann、1810年-1856年) 生誕200年

グスタフ・マーラー(Gustav Mahler、1860年-1911年) 生誕150年

イグナツィ・パデレフスキ(Ignacy Jan Paderewski、1860年-1941年) 生誕150年

サミュエル・バーバー(Samuel Barber、1910年-1981年) 生誕100年

など、有名人てんこ盛り♪ちなみに今年の「ラ・フォル・ジュルネ」はショパンです。

個人的には、

ヨハン・ヨーゼフ・フックス(Johann Joseph Fux、1660年-1741年) 生誕350年

ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ(Wilhelm Friedemann Bach、1710年-1784年) 生誕300年

ミリー・バラキレフ(Milij Alekseevich Balakirev、1837年-1910年) 没後100年

ウィリアム・シューマン(William Schuman、1910年-1992年) 生誕100年

この人たちのほうが気になります(笑)

最初なので、2010年一発目のアルバムは普通にショパンにします。

上手い具合にショパンパデレフスキが同時にメモリアルイヤーですね。パデレフスキと言えば、マイナー作曲家が好きな人、あるいはショパンが好きな人には有名でしょう。ポーランド第3代首相にして、ピアニスト、作曲家、外交官と類い稀な才能を持った人物です。僕自身は彼のピアノ協奏曲を聴いて好きになりました。

紹介するアルバムは、せっかくなのでパデレフスキが弾いたショパン・アルバムを。ただし録音はすこぶる古いのでご了承ください。音質より、資料的価値があるものと思って許して下さいwink

8_112011 パデレフスキ:ビクター録音集 1 (抜粋)(1914-1941)

  

  

  

こんな感じで今年もゆる~くやっていきますbleah

今年のクラシック音楽会はちょっと盛り上がりそうですね。去年は地味過ぎな印象が…。

  

イイgoodと思ったらポチっdogとな。よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ  音楽ブログランキング

2010年1月 5日 (火)

ショパンがキャラになりました。

shineインプレス ケータイWatch様でニュースとして紹介していただきました!shine

ショパンがキャラになりました。

Naxoschopi2

2010 年に生誕200 周年を迎えるフレデリック・ショパン

2011 年に生誕200 周年を迎えるフランツ・リスト

19世紀に名を残すふたりの作曲家が、キャラになって登場しました!!

ふたりの職業は、お堅い「芸術家」angryではなく、ピアノを弾く「アイドル」shine

花の都パリでキャーキャーさわがれた超モテモテheart04のふたり。

ナクソス・ジャパン運営のモバイルサイト「クラシックエッセンスフル」は、

ふたりのパリ芸能界での大活躍を徹底的に追いかけます!!

とんでもないスキャンダルcameraが登場しちゃうかも……!?

★☆★☆キャラクターしょうかい★☆★☆

アイドルNo.001 チョピ(CHOPI)

 Chopi02_3 バースデー 1810.3.1
  本名 フレデリック・ショパン
  あだな ピアノのポエマー
  出身 ポーランド
  リリース曲  革命 雨だれ etc.

  エレガントなしぐさが魅力のかれんなアイドル。
  コンサートをめったに開かないので、プレミアになることも。じつはちょっぴり皮肉やさん。

アイドルNo.002 リッツ(LITZ)

Litz01  バースデー 1811.10.22
  本名 フランツ・リスト
  あだな ピアノのマジシャン
  出身 ハンガリー
  リリース曲  愛の夢 etc.

  ロングヘアーがトレードマークのモテモテアイドル。
  コンサートは女の子がおしかけて、いつも大さわぎに。じつはとても友だちおもい。

ワルツ(WALTZ)

Waltz01_2

    バースデー ??

    チョピくんのペットのこいぬ
       チョピくんに曲づくりのヒントをくれることも…?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(キャラクターデザイン: IKE)

クラシックエッセンスフルの会員になると、

もれなくチョピくんの激カワな待ち受けカレンダーをプレゼント!!!

気になったアナタはいますぐケータイでアクセスしちゃおう↓

Full_qr1

クラシックエッセンスフルへGO!!!

 

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

無料ブログはココログ