« おまちかね!あの銀盤シリーズが! | トップページ | 新コンピ速報!「classic@comics vol.7」リリース、そして完結!? »

2009年11月19日 (木)

NML Vol.32 世界最強オケ登場!!!

こんにちわ、NMLYasuです♪

めっきり寒くなって、寒さに耐えられなくなってきました…またクシャミ連発です。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

そんな中、怒涛のように新規レーベルが追加され、ついに200レーベルを超えてしましましたupぶっちゃけお店行ってもこんなにないと思います★そして、今週、かなり熱いレーベルが登場しました!!!

Cso  CSO Resound (シカゴ交響楽団自主制作盤)

大指揮者ゲオルグ・ショルティによって世界最高峰のオーケストラとなったシカゴ交響楽団の自主制作レーベル。ハイティンクによるマーラーを筆頭に、チョン・ミョンフンのショスタコーヴィチのライヴ音源をリリースしている。とりわけハーセス時代から築き上げられたブラス・セクションの黄金サウンドは世界随一。

ベリリン・フィル、ウィーン・フィルとならんで世界3大オーケストラの1つとして名高いシカゴ響の自主制作盤です。このシリーズの目玉は何と言っても巨匠ハイティンクによるマーラーでしょう。ショルティ時代から築きあげられた黄金サウンドを堪能するにはもってこいです。特にハーセス譲りのブラス・セクションは超ハイテンション!ブラスっ子なら誰もが憧れるサウンドです。マーラーを紹介するのも良いのですが、せっかくなので、最新のこちらを↓

Csor901906

ラヴェル:ダフニスとクロエ/プーランク:グローリア(リヴェラ/シカゴ交響合唱団/CSO/ハイティンク)

 

 

2007年11月8、9 & 10日にシカゴ、シンフォニーセンター、オーケストラ・ホールで演奏されたライヴ録音です。このシリーズ初のフランスもの。あまり聴く機会のないプーランクのグローリアは、フランス近代の難解さは全くなく聴きやすい作品。メインのラヴェルはハイティンクお得意というだけあってスゴイ。最後の「全員の踊り」の盛り上がりよは最高潮。ブラス・セクションがキラキラしてますshine

どんどんレーベルが増えて、次は何が入ってくるのか待ち遠しいNML。

今後ともよろしくお願い致します♪

« おまちかね!あの銀盤シリーズが! | トップページ | 新コンピ速報!「classic@comics vol.7」リリース、そして完結!? »

NML」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1172849/32275036

この記事へのトラックバック一覧です: NML Vol.32 世界最強オケ登場!!!:

« おまちかね!あの銀盤シリーズが! | トップページ | 新コンピ速報!「classic@comics vol.7」リリース、そして完結!? »

無料ブログはココログ