« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

「森のスケッチ。 *little melody for a natural girl*」ご購入の皆様へ

「森のスケッチ。 *little melody for a natural girl*」ご購入の皆様へ

このたびは、iTunes Storeにて配信中のクラシックコンピレーション
「森のスケッチ。 *little melody for a natural girl*」をご購入いただき
ありがとうございます。
さて、こちらのアルバムにつきまして、iTunes Storeの一時的なシステムトラブルにより、
一部、DL後のファイルが英語表記になってしまう現象が発生しているようです
(09年11月27日現在)

もしそのような状況になった場合は、
下記の情報をコピー&ペーストしてご利用いただけますと幸いです。
ご迷惑をおかけすることになり恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アルバム名
森のスケッチ。 *little melody for a natural girl*

曲名
1 森のスケッチ - 野ばらに寄せて
2 こんぺいとうのおどり
3 亜麻色の髪の乙女
4 雨だれの前奏曲(フルート)
5 ワルツをおどる猫
6 カナリアの精のヴァリエーション
7 牧歌
8 ザルツブルク・シンフォニー第1番 - プレスト
9 森の奥のかっこう
10 ノルウェーのおとぎ話 - クマに乗ったお姫さま
11 チューリップのかわいい王女さまが話したこと
12 グリーンスリーヴスと黄色いレース
13 マザーグース - 眠り姫のパヴァーヌ
14 赤ずきんちゃんとおおかみ
15 アーモンド入りチョコレートのワルツ
16 マザーグース - 美女と野獣の対話
17 2つのノルウェーの旋律 - 第2番
18 月の光
19 ロマンス
20 森のスケッチ - 野ばらに寄せて(オーケストラ)

作曲者名
1 マクダウェル
2 チャイコフスキー
3 ドビュッシー
4 ショパン/ゴベール
5 アンダーソン
6 チャイコフスキー
7 エルガー
8 モーツァルト
9 サン=サーンス
10 ハルヴォルセン
11 サティ
12 作者不詳(伝承曲)
13 ラヴェル
14 チャイコフスキー
15 サティ
16 ラヴェル
17 グリーグ
18 ドビュッシー
19 フィンジ
20 マクダウェル/アンダーソン

アーティスト名
1 ジェイムズ・バーバガッロ(ピアノ)
2 スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団
3 フランソワ・ジョエル・ティオリエ(ピアノ)
4 フェンウィク・スミス(フルート)
5 BBCコンサート・オーケストラ
6 スロヴァキア国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団
7 アシュリー・ウェイス(ピアノ)
8 カペラ・イストロポリターナ
9 スロヴァキア放送交響楽団
10 アイスランド交響楽団
11 クラーラ・ケルメンディ(ピアノ)
12 ジョセフ・ペイン(オルガン)
13 スロヴァキア放送交響楽団
14 スロヴァキア国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団
15 クラーラ・ケルメンディ(ピアノ)
16 スロヴァキア放送交響楽団
17 カペラ・イストロポリターナ
18 ペーテル・ナジ(ピアノ)
19 ロイヤル・バレエ・シンフォニア
20 BBCコンサート・オーケストラ

2009年11月26日 (木)

NML Vol.33 ロシア大爆発!!!

こんにちわ、NMLYasuです♪

最近盛り上がっている、某仕分け人さまによる事業仕分けですが、朝のニュースをみたらなんとオリンピックまで切られちゃいましたね∑ヾ( ̄0 ̄;ノ「参加することに意義があるのでは?」と仰ってましたが、それに参加するための選手を育成するのにも補助が必要だとおもうんですがね…。政治もヤバい感じですが、経済もヤバいですね。このまま円高が進行したら、輸出企業潰れちゃいますよ。去年のリーマンショック再来か…down

すみません、重くなってしまいました。では、今週のイチオシです♪(これも重い…(笑))

Alc1022_2

ミャスコフスキー:管弦楽作品全集 12 - 交響曲第16番, 第19番(ロシア連邦国立響/スヴェトラーノフ)

 

 

ロシアが誇る巨熊、スヴェトラーノフ御大が残した、爆演マニアのお宝ミャスコフスキーの管弦楽全集の1枚です。

ミャスコフスキーは1881年生まれなので、ラフマニノフ(1873)、ストラヴィンスキー(1882)、プロコフィエフ(1891)らの作曲家と同年代になります。彼が残した数ある作品のなかでも、27曲の交響曲はロシア爆演マニアにとってはかけがえのない作品です。聴けばわかりますが、とにかく重い。重すぎるの一言に尽きます。とはいえ、いくつかのアダージョ楽章は涙を誘うほどメランコリック。アレグロ楽章におけるは割れんばかりのブラスの咆哮とのアンバランスさが心地良いのです♪(ある意味これが売り)

この怪物交響曲を全曲録音したのが、スヴェトラ御大。(こんなの好んで録音するのはこの人くらいでしょう)以前、ロシアン・ディクスからセット物(といってもそれぞれのCDを包んだだけ(笑))で、べらぼうに高い値段で売っていましたが、ちょっと前にワーナー・フランス/スヴェトラーノフ・オフィシャル・コレクションから激安で再発しましたね。とりあえず持っておくには手ごろな値段です。全部聴けるかは別として・・・。

2009年11月25日 (水)

森ガールのためのクラシックアルバム*音楽配信限定*

◎iTunes Storeクラシック7位にランクインしました!(09.12.12)◎
日経ウーマンオンラインで紹介されました!◎

*森ガール*の女の子のための
クラシック音楽アルバムが できました。

Naxos_japan
アルバム900円
トラック150円
iTunes Store(発売中)→
e-onkyo music(発売予定)
musico(発売予定)
HMV digital(発売予定)

すてきな服や雑貨はたくさんある。
でも、音楽って、なかなかイメージに合うものが見つからないなあ……
そう思っている女の子は、きっと少なくないはず。
この小さなアルバムを、おでかけのとき、
携帯プレーヤーにそっとしのばせてみませんか。

このアルバムのすごいところ
*クラシックといっても むずかしくない
*クラシックなのに かわいい
*クラシックだから かわいい
*平均3分……ちっちゃい曲ばかり
*北欧の作曲家もいるよ
*"赤ずきんちゃんとおおかみ""マザーグース"
 "チューリップのかわいい王女さまが話したこと"
  ……童話モチーフの曲もいっぱい
*グリーグというひとは 動物の雑貨あつめが趣味だったらしいよ
*フィンジというひとは リンゴの栽培をしていたらしいよ
*あなたのおきにいりの曲が きっとみつかる

クラシックがはじめての女の子も、きっと、
ゆるふわな服にはじめて袖をとおしたときのように、
新しいここちよさに、びっくりするはずです。


*曲リスト*
森のスケッチ - 野ばらに寄せて(マクダウェル)
こんぺいとうのおどり(チャイコフスキー)
亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)
雨だれの前奏曲(フルート)(ショパン/ゴベール)
ワルツをおどる猫(アンダーソン)
カナリアの精のヴァリエーション(チャイコフスキー)
牧歌(エルガー)
ザルツブルク・シンフォニー第1番 - プレスト(モーツァルト)
森の奥のかっこう(サン=サーンス)
ノルウェーのおとぎ話 - クマに乗ったお姫さま(ハルヴォルセン)
チューリップのかわいい王女さまが話したこと(サティ)
グリーンスリーヴスと黄色いレース(伝承曲)
マザーグース - 眠り姫のパヴァーヌ(ラヴェル)
赤ずきんちゃんとおおかみ(チャイコフスキー)
アーモンド入りチョコレートのワルツ(サティ)
マザーグース - 美女と野獣の対話(ラヴェル)
2つのノルウェーの旋律 - 第2番(グリーグ)
月の光(ドビュッシー)
ロマンス(フィンジ)
森のスケッチ - 野ばらに寄せて(オーケストラ)(マクダウェル)

************************
********************
****************
************
***
ナクソスファンへのこっそり製作秘話
~ナクソスは、森ガールに音楽の魅力を届けられるか?~

じつは企画者は森娘でも何でもありません。
自宅の裏はタヌキ出没地の野山ですが、森娘ではありません。
ただ、mixi発祥のこの可愛いガールズファッションのことを見聞きして以来、
私の胸には、なんとかこの女の子たちのウサギのように丸っこい耳に
クラシックを届けられたらいいな、という重いが生まれつつありました。
このブログを普段からお読みいただいている皆様なら
私以上にご理解いただいていることと思いますが、
なにぶんナクソスといえば、あんな曲やこんな曲の大宝庫ではありませんか。

アルバムタイトルにうってつけの、マクダウェル「森のスケッチ」。
原曲よりもふんわり感のある、「雨だれの前奏曲」のゴベール編。
全幕盤にしか収録されていない、「眠れる森の美女」第3幕のディヴェルティスマン。
森ガールの聖地・北欧出身の作曲家の珍しい録音。
ナクソスレーベルで不動の人気を獲得しつつある田園作曲家、フィンジ。

これ以外にも、候補としてあがった曲は50曲超。
ナクソスには、あるいはクラシックには、
ふんわりした服を着て、雑貨屋めぐりをし、カフェで頬杖をついている
あの女の子たちの心を動かせるかもしれない曲が、
実はこれだけたくさんあったりするのです。

それって、クラシックファン・ナクソスファンの皆様にとっても、
結構わくわくしちゃうことだったりしませんか。

あの神秘的で、異世界チックなムードの女の子たちと、
「ハルヴォルセンっていいよね~*」なんて、何のためらいもなく
自然体でお話しすることができたとしたら、
音楽を愛する側の人間として、かなり嬉しいことじゃないか、と
思ったりもしているのです。

***
************
****************
********************
************************

2009年11月24日 (火)

待つわ。あなたのこと、ずっと。(『銀盤4』09'冬)

毎日寒いですね・・・。

以前職場の先輩に、私の顔は「キャロライン・ジャン」系だと言われました。
系統なのか、傾向なのか、血統(ちがいますね)・・・住み分けが難しいですね!
童顔ということなのでしょうか。うれしい・・。音楽配信スタッフのポン子です。

そんな生粋の日本人・キャロラインがご紹介する、待ってましたのこの1枚!!

☆*:;;;;;;:*☆『銀盤クラシック 4』☆*:;;;;;;:*☆

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!今季フィギュア2009-2010シリーズ!!
これは聴けば本当に楽しい!今までとは違う雰囲気のコンピが完成して、とてもよいアクセントになっています!
今季のフィギュアでは、全体的にミュージカルや映画音楽を用いた選手が多かったように思います。
それだけコンピの内容も充実してくるというもの○
そしてこのジャケットと言えば『銀盤』だよねというくらい、今季のジャケットもインパクトのある仕上がりとなっております。
「いるいる」「あるある」という渾身のこのポーズ ↓(´,_ゝ`)プッ

それではラインナップのご紹介です!

--------------------------

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

【 銀盤クラシック4 - for Figure Skating 2009-2010 】

Ginban4_130130  (試聴・ご購入:iTunes Store)

・・・↑またも(´,_ゝ`)プッ

1. ラフマニノフ: 前奏曲 嬰ハ短調 「鐘」 Op.3-2
2. ハチャトゥリアン: 組曲「仮面舞踏会」 - ワルツ
3. パガニーニ: 24のカプリース Op.1 - 第24番
4. モーツァルト: レクイエム ニ短調 K.626 - 涙の日
5. モーツァルト: レクイエム ニ短調 K.626 - 怒りの日
6. ストラヴィンスキー: 火の鳥 - カスチェイ王の魔の踊り
7. A. ロイド=ウェバー: オペラ座の怪人[Selection]
8. バーンスタイン: ウェスト・サイド物語 - マンボ
9. J.S. バッハ: 管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV 1068 - G線上のアリア
10. モンティ・ノーマン: ジェームス・ボンドのテーマ
11. ニーノ・ロータ: 道 - ジェルソミーナ
12. リスト: 死の舞踏 S126/R457
13. チャップリン: エターナリー
14. ロドリーゴ: アランフェス協奏曲 - 第2楽章
15. ニーノ・ロータ: ロメオとジュリエット - メイン・タイトル・テーマ
16. サラサーテ: ツィゴイネルワイゼン Op. 20
17. チャイコフスキー: バレエ「くるみ割り人形」 Op.71 - こんぺいとうと王子のグランパ・ド・ドゥよりアダージョ
18. ピアソラ: アディオス・ノニーノ
19. サン=サーンス: 歌劇「サムソンとデリラ」 - バッカナール
20. ガーシュウィン: サマータイム
【Extra Track】ガーシュウィン: ピアノ協奏曲 ヘ調 (Y.K.Patchwork Edit)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

---------------------------
そして・・・、またもこりずに恒例のExtra Trackですが・・・、Y.K.???
皆さま、もうお分かりですね。そう、「キム・ヨナ」選手です!!
このEditは第1楽章~第3楽章の全て良いところ取りで使われていました。
実際、ガーシュウィンの曲は長いものが多いので、いっそこんな風に編曲しちゃえばお得なのかな?とも思いますが、やはり全体を味わう魅力も捨てがたいものですよね!
でも本当にうまく曲を選んで編集していたので感心してしまいました。
こちらもぜひお聴きいただきたい、おすすめの1曲となっております。

さてグランプリファイナルも間近に迫ってきています。
今回日本人男子は、織田選手高橋選手、女子は安藤選手鈴木選手が出場権を勝ち取りました!
そして来年はバンクーバー!お楽しみが目白押しですっ^^

まだまだ音楽配信のコンピ企画は止まりません!次回も乞うご期待vv

2009年11月20日 (金)

新コンピ速報!「classic@comics vol.7」リリース、そして完結!?

こんにちは。音楽配信スタッフのポン子です。

今朝、からだの半分を電車のドアにはさみました
実はけっこう挟まれるのですが、なぜかわざわざドアが閉まるタイミングと合わせてしまう癖があります。昔からです。
同じように下りエスカレーターもです。大なわとびだと、なわと一緒の動きになります。苛々します。(愚)

わが部署では『年内/多数/コンピ/発売』のワードを背に、09年極寒・コンピスケジュールを敢行中・・・。
ぜひともこちらのタイミングは合わせていきたいものです!

先週は「銀盤ベスト2005-2010」のご紹介をさせて頂きました。
年末の話題となれば、もうひとつあります。そう“のだめ”です!
10月に講談社Kissより大元の連載が終了いたしました。
ほっ=3 としたのも束の間、年末は映画や演奏会、年始には深夜ドラマも始まります。
いやはや・・・全く恐れ入ります。

そしてNaxos音楽配信事業部からも、以前より大人気の配信専用コンピレーション「classic@comics」シリーズが、新たな最新作を引っ提げて登場いたします。しかし、ジャケット写真をご覧ください。

ついに氏の口から・・・。

Classiccomics_vol7130_5

これは、ジのエンドなのですか?う゛ぉるふ!!``ΣΣ(@Д@)Σ

その含みある言葉通りclassic@comics vol.7 その後コミックで出会った名曲たち」は、コミック「のだめカンタービレ」第20巻~第23巻で登場したクラシックを収録しています。

ラインナップはといいますと・・・

_________________________________________

Classiccomics_vol7130_4

classic@comics vol.7 ~ さよならコミックで出会った名曲たち

(試聴・ご購入:iTunes Store)
 

 

 ・シューマン: クライスレリアーナ Op.16 - 第1曲
 ・ベルク: ヴァイオリン協奏曲 - 第2楽章
 ・ショパン: ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 Op.58 - 第1楽章
 ・黛敏郎: 舞楽 - 第1曲
 ・ラヴェル: ピアノ協奏曲 ト長調 - 第1楽章
 ・ムソルグスキー: 展覧会の絵 (編曲: ラヴェル) - プロムナード
 ・ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 Op.110 - 第3楽章
 ・モーツァルト: 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 K. 527
 ・ショパン: ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11 - 第1楽章
 ・ショパン: ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11 - 第2楽章
 ・ショパン: ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11 - 第3楽章
 ・ミヨー: アルト・サクソフォンと管弦楽のための組曲 「スカラムーシュ」 - 第3楽章
 ・モーツァルト: 2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K. 448 - 第1楽章
 ・[Extra Track] ガーシュウィン: アイ・ガット・リズム(ルイ・アームストログによる演奏)

(※サントラ盤ではありません)

_________________________________________

ヒューマンドラマようにしっとりした曲調が続きますが、ぜひこのラインナップで聴いてみてください。
このコンピを選曲していて、音楽でこれほど人の感情が表現できることの凄さを改めて感じました。

作曲家の想いや情熱が反映されていて、これほど人間臭く、素敵なことはありません!

のだめファンでない方も、きっと楽しんで頂けること間違いなしです○

さ○なら・・・。(さて次回は?!)

2009年11月19日 (木)

NML Vol.32 世界最強オケ登場!!!

こんにちわ、NMLYasuです♪

めっきり寒くなって、寒さに耐えられなくなってきました…またクシャミ連発です。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

そんな中、怒涛のように新規レーベルが追加され、ついに200レーベルを超えてしましましたupぶっちゃけお店行ってもこんなにないと思います★そして、今週、かなり熱いレーベルが登場しました!!!

Cso  CSO Resound (シカゴ交響楽団自主制作盤)

大指揮者ゲオルグ・ショルティによって世界最高峰のオーケストラとなったシカゴ交響楽団の自主制作レーベル。ハイティンクによるマーラーを筆頭に、チョン・ミョンフンのショスタコーヴィチのライヴ音源をリリースしている。とりわけハーセス時代から築き上げられたブラス・セクションの黄金サウンドは世界随一。

ベリリン・フィル、ウィーン・フィルとならんで世界3大オーケストラの1つとして名高いシカゴ響の自主制作盤です。このシリーズの目玉は何と言っても巨匠ハイティンクによるマーラーでしょう。ショルティ時代から築きあげられた黄金サウンドを堪能するにはもってこいです。特にハーセス譲りのブラス・セクションは超ハイテンション!ブラスっ子なら誰もが憧れるサウンドです。マーラーを紹介するのも良いのですが、せっかくなので、最新のこちらを↓

Csor901906

ラヴェル:ダフニスとクロエ/プーランク:グローリア(リヴェラ/シカゴ交響合唱団/CSO/ハイティンク)

 

 

2007年11月8、9 & 10日にシカゴ、シンフォニーセンター、オーケストラ・ホールで演奏されたライヴ録音です。このシリーズ初のフランスもの。あまり聴く機会のないプーランクのグローリアは、フランス近代の難解さは全くなく聴きやすい作品。メインのラヴェルはハイティンクお得意というだけあってスゴイ。最後の「全員の踊り」の盛り上がりよは最高潮。ブラス・セクションがキラキラしてますshine

どんどんレーベルが増えて、次は何が入ってくるのか待ち遠しいNML。

今後ともよろしくお願い致します♪

2009年11月13日 (金)

おまちかね!あの銀盤シリーズが!

ご無沙汰をしております。
昨日は半そでで仕事をしていました。音楽配信スタッフのポン子です。

さて、フィギュアスケートはグランプリファイナルの真っ只中ですが、
今年はいつになく気合いの入ったエールを送り続けております。がんばれーー。

さてなんとなくかつての選手を思い出していました。伊藤みどり、スルツカヤ、ミッシェル・クワン、ブッテルスカヤ、プルシェンコ・・・。

ゆったりと思いだしている中、・・・む、むむ。 

タラ・リピンスキー!!`;:゙;`;・(゚ε゚ )

なーぜーか強烈なインパクトが残る彼女。
当時15歳という年齢でトリプル-サルコウ&トリプル-ループを武器とし、その若さで見事女王に君臨したリピンスキー。

強烈。15歳なのに。女王。リピンスキー。
なぜなの。記憶から決して消せない。

さて、それ以降フィギュアスケートの人気ぶりも加速の一途を辿ってゆきますyyy
日本勢でも新たな顔ぶれが揃い、昨今のフィギュアブームをますます盛り上げる形となりました。

そんな中、Naxosでは大人気の銀盤シリーズを大総括!!
なんとーーー「銀盤ベスト 2005-2010」がリリース♪
Ginbanbest_20052010_150_5
あの日の名演技を、この1枚で○
彼や彼女たちの成長を思い返して、いざバンクーバーへ!

ラインナップはこのような感じです。↓
-------------
1.ラフマニノフ/ 前奏曲:鐘
2.パガニーニ /カプリース:第24番
3.ハチャトゥリアン/ 組曲「仮面舞踏会」:ワルツ
4.ドビュッシー/ベルガマスク組曲:月の光(管弦楽/カプレ編)
5.サン=サーンス/ 交響詩「死の舞踏」
6.サン=サーンス/ 交響曲第3番「オルガン付き」:第3楽章(第2部)
7.ラヴェル/ ボレロ
8.ロドリーゴ/ アランフェス協奏曲:第2楽章
9.ショパン/ 幻想即興曲
10.チャイコフスキー/ 幻想的序曲「ロメオとジュリエット」
11.チャイコフスキー/ ヴァイオリン協奏曲 ニ長調:第1楽章
12.ショパン/ ノクターン第2番 変ホ長調 Op.9-2
13.リムスキー=コルサコフ/ 交響組曲「シェエラザード」:若い王子と王女
14.ヴォーン=ウィリアムズ/ 揚げひばり
15.モンティ/ チャールダーシュ
16.メンデルスゾーン/ ヴァイオリン協奏曲 ホ短調:第1楽章
17.プッチーニ/ 歌劇「トゥーランドット」:誰も寝てはならない

【Extra Track】(M. A.. Patchwork Edit)
--------------

そして、恒例(!?)のExtra Trackですが、
今回は、なーーんと浅田真央選手バージョンに編集されています!
この曲は、あのピンクの愛らしい衣装が印象に残っている方も多いはず、
2005年のグランプリ・ファイナル使用曲「くるみ割り人形」のEditとなっています○
内容も充実しているので、おすすめです♪
(試聴・ご購入:iTunes store)

実はこれから年末にかけてコンピレーション祭りが続きます!
ブログでも紹介してゆく予定ですので、ぜひ楽しみにしててください○

ヤンソンスが日曜日に●●●●を!

Jansons5あ、どもナクソスのSです。
現在バイエルン放送響が来日中です。ナクソスでは、バイエルンの自主レーベル「BR KLASSIK」を全面サポート。国内のCD販売もナクソスが担当しています。
さて、今回の来日の目玉といえば何と言ってもチャイコフスキーの5番。来日直前の10月、ミュンヘンとフランクフルトで演奏会を行い大変好評だったこの第5番。このたびナクソスでは来日記念とし、上記二つの演奏会からヤンソンス自身がセレクトしたミュンヘン・ガスタイクでの録音を緊急CD化。日本だけの、しかも会場先行販売によるオリジナルCDを製作しました。
会場の熱気をそのまま収録したこのディスク、手に入れるためにはまず演奏会場へレッツらゴ~。

・11月14日18時 ミューザ川崎シンフォニーホール
・11月15日14時 サントリーホール
・11月16日19時 サントリーホール

サントリーホールでの両公演は、チャイコフスキーの5番を演奏しますよっ

ここで耳寄り情報!

実は15日の日曜日、マエストロ・ヤンソンスがちょっとしたサプライズを
やってくれることになりました。でも、、、まだここでは発表できません。。。(ゴメンナサイ)
ツイッターのみで情報を公開しますので、この機会にナクソス・ジャパンのツイッターを
ぜひフォローしてみてください!!

ナクソス・ジャパンのツイッターはコチラをクリック!
(フォローするにはツイッターへの無料登録が必要になります)

2009年11月 5日 (木)

NML Vol.31 子犬がいっぱい♪

こんにちわ、NMLYasuです♪

木枯らし一番が吹いていきなり寒くなりましたね。月曜日の仕事帰りに傘をさしてたら、あまりの風の強さに反転してしまいました(。>0<。)東北、北海道では例年より早く初雪も降ったそうで。寒いのキライです…。

木枯らしと言えば?そう、あの有名曲ですね。あれですあれ。

ショパンのエチュード Op. 25-11 です。普通の演奏じゃつまらないので、奇人ゴドススキーが編曲した超絶ショパンのエチュードを紹介しようと思ったのですが、以前の出してしまったので、NML Vol.12 おすすめ盤情報★←こちらをご覧ください♪

せっかくショパンなので、こんな珍アルバムがあるのでご紹介します。

Bi1083 少しお時間ありますか? - ショパンの「子犬のワルツ」と他作品のパラフレーズ集

タイトル通り、名曲「子犬のワルツ」を中心とした編曲集です。モシュコフスキ、レーガー、ソラブジ、ゴドフスキー(ここでも登場)、コルトーといった名ピアニスト兼作曲家によるビックリ玉手箱。約20曲に及ぶお遊びの一番最後、原曲を忘れた頃に正真正銘の「子犬」が登場します♪これは面白すぎます!!!是非ともご一聴を☆

ついったーなう

あ、どもナクソスのSです。まだ生きてます

近頃世間を騒がせている「ついったー」ことTwitterですが、
実はナクソスグループでは世界中でTwitterやってたりします。

→ナクソス香港本社のTwitt
→ナクソス・オブ・アメリカのTwitt
→ナクソス・オーディオブックスのTwitt
→ナクソス・ドイツのTwitt

各国、それぞれクラシックの話題から、クラシックと全然関係のない
話題まで、毎日毎日Twittしております。
そして、なんとナクソス・ジャパンも!→Twitt

まだ数回しかTwittしてないのに公開してしまうあたり
なんともおそろしい。っていうか、なんだこれ

まぁ新譜情報や、ナクソス・ミュージック・ライブラリーの新着情報、
おとなりさんの晩御飯から.、今日の報ステ・市川アナの髪型まで
いろいろつぶやきますので。興味のある方はフォローしてみたら
いいんじゃないかと思いますわっ。
とある社員のついったー。ビリビリしてください。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

無料ブログはココログ