« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月24日 (木)

NML Vol.25 ドイツ生まれの北海道の音楽

こんにちわ、NMLtetsu改め、FishandChickenです。

シルバーウィークと呼ばれたこの5連休、皆様はどのように過ごされましたでしょうか?

私は、遅めの夏休みとくっつけて少し長めの休みをいただき、東北と北海道に旅行してきました。気温は東京より当然低く、北海道では夜になると吐く息が白くなるほどでしたが、道中ずっと快晴に恵まれ、黄褐色の稲穂が至る所で眩しかったです。(ついでながら、旅の途上で寄った、青森県を走るJR津軽線の三厩(みんまや)という終着駅にて、念願?のJRの全線完全乗車を達成しました。(+ +;))

さて、今日はその北海道にちなんだ、珍しい作品をご紹介します。

Bm319109 シュテーリ:交響的音詩「十勝」他(札幌響/十束尚宏)

 

 

 

ハンス・シュテーリというドイツ人の作曲家(1950年生まれ)による、交響的音詩(交響詩)「十勝」という作品です。「十勝」とは、「十勝平野」で知られる北海道の十勝地方のことですが、このシュテーリ氏、何と全4楽章、38分にも及ぶ大作で、この十勝地方を描き上げました。

この作品は、こちらのサイトによれば、帯広市の市制施行60年を記念し、十勝毎日新聞がシュテーリ氏に平成4年に委嘱したとのことです。(帯広市とシュテーリ氏はどのようなつながりがあったのか、興味をそそるところです)

音楽はいわゆる「現代音楽」的なものでは全くなく、マーラーやR.シュトラウスあたりの後期ロマン派をよりソフトにしたような、とても聴きやすい音楽です。

全曲を通じて特に印象的なのは、第3楽章と第4楽章。第3楽章では、北海道の民謡が、軽快なリズムセクションの上に登場します(吹奏楽にこういうノリの曲が多いですね)。第4楽章では独唱と合唱が登場し、変ホ長調という完全な調性音楽で、合唱がとオーケストラが壮大に鳴り響くさまはマーラーの「復活」の終楽章を思わせたりもします。終わった後の拍手は、ブラボーも聞こえるほどの盛り上がり。

演奏は、十束尚宏氏指揮の札幌交響楽団+ソリスト(饗場知昭氏)+合唱団(帯広合唱協会)です。 このアルバムの発売元はドイツのAntes Editionですが、ドイツのレーベルで、日本のママさん+パパさんコーラスが聴けるというのも面白いではありませんか。是非お試しのほど!

2009年9月17日 (木)

NML Vol.24 新着タイトルこの一枚

こんにちわ、NMLYasuです♪

今週末からまた5連休ですね。ゴールデンウィークに対してシルバーウィーク。なんでも間に「敬老の日」が入ってるからだとか。ウィキにも載ってますね。体育の日と勤労感謝の日をずらしたりして、連休にするんだとか。連休になるのはうれしいですが、実際そんなに休みまくったら、社会復帰がかなり億劫になると思うのは僕だけでしょうか。。。休み増やすより景気をどうにかしてほしいもんです。

 

今回が新着タイトルから気になる一枚をご紹介します。

これ♪

0016452bc ヘンデル:組曲 HWV 426-441 (シルマー)

 

 

 

2009年が没後250年のヘンデルですが、ほとんど盛り上がってないですねtyphoonたしかに、ヘンデルの作品で誰でも知ってる超有名曲って少ないです。「ハレルヤ」と「特賞歌」(マカベウスのユダの中の曲が原曲)くらいだと思います。あとオペラなどの声楽曲の作曲として知られています。オケものだと「王宮の花火」と「水上の音楽」でしょうか。

演奏される機会もほとんどないので、意外と知られていないヘンデルの鍵盤作品ですが、聴いて納得の名作が多いのです。その代表格がこの組曲集です。おそらくHWV 430 の「調子のよい鍛冶屋」とHWV 432 の「パッサカリア」は聞いたことがある人が多いかもしれません。一時期、サラ・ブライトマンのクロスオーヴァー・アレンジで話題になったHWV 437 のサラバンドも収録しています。

ドイツのヒルデスハイムに生まれた実力派ピアニスト、ラグナ・シルマーによる演奏です。ドイツ国内での活動が中心だった彼女ですが、2005年のザルツブルク音楽祭ではロジャー・ノリントン指揮するカメラータ・ザルツブルクとシューマンのピアノ協奏曲で共演して話題となり、2007年には来日公演も行われる予定でしたが、これはキャンセルとなってしまい、ピアノ・ファンを残念がらせていました。

基本的にバロック時代のオリジナル作品は、チェンバロでしか聴かない主義なのですが、シルマーの演奏は非常に素晴らしいです。ヘンデルが書いた美しい旋律が、宝石のように奏でられています。アンヌ・ケフェレック以来の感動です☆

個人的におススメなのが「シャコンヌ ト長調 HWV 435」。作品自体はももちろん好きですが、シャコンヌとかパッサカリアとかのオスティナート・バスの変奏曲が好きなだけってものあります(笑)

是非、ヘンデルの知られざる名曲に耳を傾けて下さい♪

2009年9月10日 (木)

NML Vol.23 NML新機能追加!!! - FlashPlayer♪

こんにちわ、NMLYasuです♪

すっかり秋になりました。(そうでもない?)

先週末に千葉方面にBBQに行ってきて、その帰りに寄った昭和な居酒屋に、昔懐かしのファミコンがあって、テンションup普通にプレー出来たのにもビックリです。マリオ、スターソルジャー、マッピーetc・・・いっぱいありました☆(世代がバレますね。。。)

 

今週は新機能の紹介です。待望!!!

NMLでFlash Playerが使えるようになりました!

お待たせしました!
いよいよ、NMLでFlash Playerが使えるようになりました!

NMLの楽曲はこれまで、Windows Media Playerのみで再生が可能でしたが、多くのお客様のご要望により、このたびFlash Playerでも再生できる機能を追加し、本日よりテスト公開を開始致しました。Flash Playerでは、再生中のトラックがどこかを容易に把握できる、隣り合っていないトラックへもジャンプ再生できるようになるなど、使い易さが大幅にアップします。

 

Flash Playerで再生するには、通常と同じ方法で再生を開始していただくと、起動した別画面の下に「Flash Playerで再生する」と書かれたリンクが表示されます。こちらをクリックいただくと、Flash Playerに切り替わり、再生が開始されます。
再度Windows Media Playerに切り替えたい場合は、画面下の「Windows Media Playerで再生する」を選択してください。
一度選んだプレーヤーは、以後(切り替えない限り)優先して起動します。

Flash Playerで再生いただくには、お使いのパソコンに「Adobe Flash Player」がインストールされている必要があります。インストールされていない方は、こちらのアドビシステムズ社のサイトよりダウンロード、およびインストールしてください(無料です)。

現在動作を保証しているOS、およびブラウザであれば全てFlash Playerをお使いいただける他、MacOS X 10.5での動作確認が取れております。(Flash Player本公開の際、対応OS、ブラウザを改めて発表致します。)

なお現在、Flash Player用の回線の増強作業を行っており、場合によっては再生が途切れることがあります。そのため、現段階では「テスト公開」という位置づけとさせていだいておりますので、何卒ご承知おき下さい。(※ご利用に支障がある際は、大変恐れ入りますが、旧来のWindows Media Playerをお使いいただきますよう、お願い致します。) 

 

WMPでは、ブラウザーによっては再生中のタイトルが分からなかったり、目当ての曲に飛ぶのにいちいちクリック連打しなきゃだめでしたが、Flashでは再生中の作品も一目瞭然、ダイレクトに目当ての曲に飛ぶことだって出来ます。リピートもプレーヤー内で出来ますし、シャッフル再生も出来ます。なにより、Macユーザーが大喜び!!!現在のところ、MacOS X 10.5での動作確認は取れていますが、Snow Leopardについては、準備が整い次第検証致します。

Flash Playerの使い心地を是非お試し下さい!

2009年9月 3日 (木)

NML Vol.22 秋の夜長に・・・

こんにちわ、NMLYasuです♪

すっかり秋らしくなってきましたね。というか若干寒かったりします・・・いきなり気温下がりすぎ(。>0<。)

衆議院選は予想通り民主党が圧勝でしたね。高速道路、高校授業料とかを無料化するらしいですけど。大丈夫なんでしょうか。首都高は対象外みたいですけど、大渋滞になりますよね。1000円であんなになったのに。鳩山さん頑張って♪

9月に入ったということで、「○○の秋」ですね。今回は「映画の秋」ってことで、最近参加したアメリカ最大のサントラ・レーベル「Varese Sarabande」からの一枚です。

Vsd5816 バリー:愛と哀しみの果て(ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/マクニーリー)

1985年のアカデミーで作品賞をはじめ、監督賞、脚本賞、撮影賞、作曲賞等7部門を受賞した名画中の名画。ストーリは↓な感じです。

20世紀初頭のアフリカを舞台に、愛と冒険に生きたひとりの女の半生を描いた一大ロマンス。スウェーデン貴族と結婚し、ケニアに渡って来たデンマーク人の令嬢カレン。だがそこには幸せな結婚生活は無く、農場経営も思うように進まない。そんな彼女の前にサファリのガイドを務めている冒険家が現れた……。

波乱万丈のストーリー、アフリカの雄大な景観、ストリープとブランダウアーの丁々発止の演技合戦と見どころは多いが、あまりにも上映時間が長すぎる。なんと160分!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

かな~り長い作品なので、そういう時はサントラで雰囲気だけ味わうてものありです♪タイトルどおり哀愁染みたテーマで始まり、涙を誘います。途中に入っているモーツァルトのクラリネット協奏曲のアダージョが心を揺さぶります。この流れでこの選曲は神業ですね♪

このほかにもスターウォーズ、ジョーズ、スタートレックなど、懐かしい映画のサントラが揃っています。秋の夜長に聞き倒すのも一興です☆

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

無料ブログはココログ