« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

NML Vol.17 オススメの一枚☆

こんにちわ、NMLYasuです。

数日前にニュースで知ったんですが、EMIから中国の天才少年ピアニストがデビューしたそうですね。その名も「牛牛」。まじめに「ウシウシ」って読んでしまいました。。。「ニュウニュウ」って読むそうです。まだあどけない12歳のちっちゃな少年です。ニュース見た時は確かリストのハンガリー狂詩曲を弾いてたと思うんですが、こんな少年があんなに弾けるのか!ってビックリしましたね。YouTubeに彼のリサイタルの動画がアップされていましたが、マジで凄いです。特にトルコ行進曲は、なんか大変なことになってました。12歳っていうと、神童キーシンを越えてるんじゃないかとも・・・。

先週末に、待ちに待ったnaiveも入り、日々追加される音源に興奮しているわけですが、レコ屋時代にもいっぱい売ったお気に入りの一枚をご紹介します。

Op30399 グルック/C.P.E. バッハ/ロカテルリ/W.F. バッハ:悪魔の棲む家(バロック管弦楽作品集)(オノーフリ/ダントーネ/イル・ジャルディーノ・アルモニコ/アントニーニ)

 

 

ジャケットもイケてるんですが、演奏はもっとイケてます♪とにかく凄い!!!

イル・ジャルディーノ・アルモニコといえば、過激派古楽アンサンブルの草分けとして、古楽ファンの間では神の様な存在です。そんな彼らが暴れまくったアルバム。1曲目のグルックからしてぶっ飛んでます。タイトルそのままですね。しかもこの曲は、カップリングされているボッケリーニの交響曲「悪魔の棲む家」の終楽章と同じ曲なんです。原曲はグルックのほうで、ボッケリーニが刺激を受け、地獄を描いたシャコンヌと、自ら譜面に記しているのが由来でこんなタイトルがついたそうです。一度聴いたら病みつき。とり憑かれること間違いなしです。

naive最高ですね♪大好きなVivaldi Editionも1タイトルずつ紹介していこうかしら。

2009年7月24日 (金)

NML Vol.16 特大ニュース!!!「naive」参加!!!

こんにちわ、NMLYasuです。

水曜日は皆既日食で話題がもちきりでしたが、見れましたか?曇ってて全然だったんですが、ヤ○ルトのおばちゃんは「見れた!!!」って騒いでました(笑)ほんとに見たんでしょうか、同じ地域にいたのに。。。もしかして千里眼・・・。

そんなことより、先週予告したNMLからの超特大プレゼントです★

待望!「naive」ほか6レーベルが新規参加(2009年7月24日)

あのクラシック最大手の大レーベル「naive」が参加しました!!!子レーベルである「Ambroisie」「Auvidis」「Laborie」「Montaigne」「Opus 111」なもまとめて参加です♪古楽から現代までのすべてのレパートリーを網羅し、リリースされているカタログの量は膨大で、どのジャンルにおいてもビギナーからマニアまでとことん追求できる魅力あふれるレーベルです。中でも根強い人気があるのが「Vivaldi Edition」です。古楽のスペシャリストばかりを起用し、演奏のクオリティは最高鋒。ジャケットも美しいものが多く興味をそそります。ジャケ買いもありです♪(ジャケットの方々は演奏してる人じゃありません。フランスのモデルです。あしからず)

そんな膨大なカタログの中から、選りすぐりの一枚はこれ♪(これこそジャケ買い(笑))

V5006 J.S. バッハ/リスト:ピアノ作品集(ド・ラ・サール) 

1988年生まれの美人ピアニスト、リーズ・ド・ラ・サール。若干14歳のときのラフマニノフとラヴェルのデビュー盤(V4936 7/24現在未収録)で圧倒的なテクニックを披露しました。このバッハとリストは2枚目のアルバムです。16歳とは思えないテクニックと力強さは脱帽ものです。伝説、メフィスト・ワルツも凄いんですが、個人的にリスト編曲の「幻想曲とフーガ イ短調 BWV 543」が一番好きです。繊細な幻想曲ではじまり、劇的なクライマックスで締めくくられるフーガは最高です。

ちなみに彼女のオフィシャルサイトもありました。かなり凝ってます☆

http://www.lisedelasalle.com/index.html

2009年7月16日 (木)

NML Vol.15 こんなの待ってました!!!レッスンに最適♪

こんにちわ、NMLYasuです。

ここ数日、一気に気温が上がりましたね。溶けてませんか?(笑)暑さには強いんで、僕はわりとへいきなんですが、電車とかコンビニとか冷房利き過ぎで、体がついていきません・・・鼻水が。。。熱中症とか冷房病には気をつけましょう。

さて、本日新レーベルが追加されました。それが、なかなか興味深いレーベルなのでご紹介したいと思います♪

一昔前に、マイナス・ワンっていうカラオケCDがあったのご存知でしょうか。昔出ていたものは、もうお店では見なくなってしまったんですが、それに代わるCDがNMLに入りました!

Can Sic

 

 

Cantolopera」と「Soloist In Concert」というレーベルです。音楽をやっている人はご存知だと思いますが、楽譜出版社の大手「Ricordi」がスコアと一緒に販売しているCDです。このCDには、通常の演奏のほかに、ソロを抜いたバージョン、いわゆるカラオケ・バージョンがフルで収録されています。そう、まさにマイナス・ワンと一緒!

音大生や、コンクール等の練習にもってこいですね。レッスンに大いに活用できます!

声域別のオペラ・アリア集、協奏曲など盛りだくさんです。ヴィヴァルディの四季なんかもあったりします♪(グリーグのピアノ協奏曲、冒頭のティンパニが終わってから無音になりますが、故障ではありません。。。)

Hlcd9097 グリーグ:ピアノ協奏曲(カラオケ付)(スケッティーニ/カンパーニャ・オペラ・イタリアーナ管/ゴッタ)

 

            

来週は、とても素晴らしいことが起こるかも知れません♪お楽しみに☆

2009年7月 9日 (木)

NML Vol.14 神がまたひとり・・・

こんにちわ、NMLYasuです。

神が1人永眠しましたね。マイケル・ジャクソン。

朝のめざ○しTVで緊急搬送されたってニュースみて、まずビックリ。会社ついたら、訃報が流れてました・・・。

ご冥福をお祈りします。

といっても、彼の曲ってスリラーくらいしか知らないんですよね。。。あとWe Are The World 。中学の英語の時間に聴きました。マイケルよりは、シンディ・ローパーの頭に興味がありましたけど(笑)

そこで、NMLの膨大なライブラリーなら・もしかしたらマイケルの音源があるんじゃないかって、期待して探してみたら・・・さすがNMLですね。ありました!!!

990049Black Or White

 

 

 

990025 I Just Can't Stop Loving You

 

 

 

990030 We Are The World

 

 

 

ちなみに本人が歌ってるのではなく、ナクソスが誇るなんでも屋のピーター・ブレイナーというアーティストが編曲したオーケストラ版になります。シンフォニックなマイケルも良いもんです♪

2009年7月 2日 (木)

NML Vol.13 辻井伸行氏「クライバーン本選ライヴ録音」配信開始!!!無料試聴できます!!!

こんにちわ、NMLYasuです。

いまだ興奮冷めやらない辻井氏の話題ですが、真打ちが登場しました。クライバーン国際ピアノ・コンクールの本選の録音が配信開始です。今回配信されるのは、ベートーヴェン、ショパン、リストなどのソロのみとなります。

リストの演奏終了後には、拍手も収録されており、辻井氏の演奏に感動した観衆の熱い思いが伝わってきます。

予選、セミファイナルの録音と一緒に、辻井氏の名演を体感してください。

Vcl_2 Cliburn Classics

                                                                                                                           

                                                                                                                        

Vcf090607a ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール2009 - ファイナル(本選)

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 「熱情」 Op. 57 /ショパン:子守歌 変ニ長調 Op. 57 /リスト:19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第2番 嬰ハ短調

予選、セミファイナルはこちら。

Vcf090523dヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール2009 - 予選

ショパン:エチュード集 Op. 10 /ドビュッシー:映像第1巻/リスト:パガニーニによる超絶技巧練習曲集 S140/R3a - 第3番 嬰ト短調 「鐘」                         

                                                                                                                                                                                 

Vcf090531aヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール2009 - セミファイナル

ジョン・マスト:インプロヴィゼーションとフーガ/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番 変ロ長調 「ハンマークラヴィーア」 Op. 106

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

無料ブログはココログ