« NML Vol.8 新機能追加!&あの著名人がレコメン執筆!!! | トップページ | NML Vol.9 注目レーベルもうひとつ!!! »

2009年6月 2日 (火)

ちょっとしたいたずら

そろそろ初夏のきざし。日焼けして黒くなってしまうと品種が変わってしまうかもしれないいべりこです。

600_iberico41

(あっ、もともと黒いんだっけ)

さて、先週末から抱えていた仕事もようやく終わり、少し気分が楽になりました。明日からはまた他の仕事をがんばる予定です。そんなゆる~い午後に何をしましょうか?おお、今日は幸いなことに上司も出かけているではないですか!こんな時には同僚(外回りのHさん)のパソコンの壁紙にいたずらを仕掛けることにしましょう。これまでにも彼のパソコンには色々仕込んであります。例えばスライドショーで彼の嫌いなものが延々と映し出されるとか、ちょっとお色気たっぷりな画像を壁紙にするとか・・・・。

で、今日はその方面に詳しいIさんがやってくれました。トップページのアイコンの位置を微妙にずらす方式です。こうして書いてみても全く面白くないのですが、実際にそれを見ると、

「おお!パソコンが壊れてしまった」と叫ぶこと間違いなし。

さて、Hさんが帰ってきました。パソコンを立ち上げて・・・「あれ?あれ?」と再起動したりしてます。もう一人の立役者Mさんは「あれ?おかしいですね?」と知らん顔してますが、私とIさんは笑いをこらえるのに必死でした。さて、そんな余裕の午後のことは放っておいて、とりあえず今日は5月末に発売された新譜から1枚ご紹介いたしましょう。

ジュセッペ・マルトゥッチ(1856-1909)をご存知でしょうか?指揮者、作曲家として活躍した人で、イタリアで何とワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の初演を行った人としても知られています。そのせいか、その当時イタリアで全盛を極めたベルカント・オペラには懐疑的。書いた作品もどちらかというと、後期ロマン派の重厚な色彩を湛えたものが多く、音だけ聴くと、まるで「ブラームス?シューマン?」と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

こういうニッチなレパートリーを得意とする我がNAXOSレーベルでは、彼の管弦楽作品の全集のリリースに取り組みはじめました。まずは第1集。彼の作風を端的に表す交響曲第1番からお聴きいただけます。この曲の冒頭だけ聴くと、確かにブラームス風。第5番の交響曲が発見された!と言われたら信じてしまう人もいるかも知れません。穏やかで美しい第2楽章のチェロの調べにも心癒されます。

8_570929

8.570929 マルトゥッチ管弦楽作品全集 第1集

6月は交響曲第2番を中心とした第2集、7月にはピアノ協奏曲と“追憶の歌”のリリースを予定しています。あっ、CDが待ちきれない人はNMLで聴いていただくのもいいですね。とにかく「こんなに美しい世界があるんだ」と目からうろこ間違いなしです。

マルトゥッチはベルカントに半旗を翻したのですが、私は今日仕上げた仕事の流れのせいか、頭の中はベッリーニのノルマで一杯です。これについてはまたいずれ。

さて、パソコンにいたずらされたHさん。違う部署のパソコン大将に助けを求めに行こうとしたところで、種明かしをしてあげたそうです。私?近くのコンビニに逃げてしまったのでその現場は見ていません。ははは・・・・・。

« NML Vol.8 新機能追加!&あの著名人がレコメン執筆!!! | トップページ | NML Vol.9 注目レーベルもうひとつ!!! »

STAFFオススメの1枚」カテゴリの記事

コメント

他人の仕事用のパソコンいたずらするなんて、何かあったら大問題だし、笑ってすむ問題ではない。angry

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1172849/29912601

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとしたいたずら:

« NML Vol.8 新機能追加!&あの著名人がレコメン執筆!!! | トップページ | NML Vol.9 注目レーベルもうひとつ!!! »

無料ブログはココログ