« ちょっとしたいたずら | トップページ | NML Vol.10 新着情報&おすすめ盤★ »

2009年6月 4日 (木)

NML Vol.9 注目レーベルもうひとつ!!!

こんにちわ、NMLYasuです(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

6月に入りました。梅雨の時期ですねぇ。ジメジメジメジメ・・・(´~`)。゜○この時期の電車はキライです。。。

学生の頃に住んでたアパート、湿気が凄くてカビちゃんが多発してましたsweat01窓は常に開けっぱ。たまにナメクジさんこんにちわsnailそんなんなんで、家賃下げて貰いましたけど♪

さて、LPOに続きまたしてもイギリスの大手レーベルが参入しました。クラシック・ファンにはうれしい「Nimbus」です!!!

Nim

一度倒産したが創業者一族が買い戻し、近年は新譜はもとより廃盤になっていた旧譜も復活させるなど、再び旺盛なリリースを開始しているイギリスの老舗レーベル「Nimbus」。BBC響、エマール、アップショウ、ジョン・ウォーレス、ハノーヴァー・バンドなどの録音を多くリリースしています。アダム・フィッシャーのハイドンの交響曲全集やペルルミュテールのラヴェルは特に高い評価を得ています。音源は随時追加されます。(NML新着記事より)

レパートリーはメジャーものからマイナーものまで幅広く、演奏陣も世界で活躍している一流揃い。評判が高いのはやはり、アダム・フィッシャーのハイドン交響曲全集(でもこの録音、実はかの某有名廉価レーベル「Brilliant Classics」で出てたりします。。。)、ペルルミュテールの録音でしょうね。ラインナップをよく見ていると伝説の女流ピアニスト、ヨウラ・ギュラーが80歳のときに録音したアルバムとか、クラリネットのカール・ライスターとかロジェヴェンの音源もあります。リリースされているタイトルも多いので、カタログ見るだけでも楽しいですね☆(注:ギュラーのアルバムは今日現在また配信されていません。ご了承ください

個人的にマニア心をくすぐるのは、コルンゴルトのピアノ作品集でしょうか。

Ni570508_3コルンゴルト:ピアノ作品集(ジョーンズ/マクマホン)

ヴァイオリン協奏曲と映画音楽で有名ですが、ピアノ曲なんてほどんど知られてないです。しかも、これだけまとまったCDはこれだけでしょう。マーラーに天才と称され、「モーツァルトの再来」とも呼ばれたコルンゴルトの、繊細で技巧的なピアノ作品は、管弦楽作品とは全く違った味わいがあります。マニア必聴のアルバムですhappy01

« ちょっとしたいたずら | トップページ | NML Vol.10 新着情報&おすすめ盤★ »

NML」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1172849/29946070

この記事へのトラックバック一覧です: NML Vol.9 注目レーベルもうひとつ!!!:

« ちょっとしたいたずら | トップページ | NML Vol.10 新着情報&おすすめ盤★ »

無料ブログはココログ