« vol.10 これ一枚で春夏秋冬、一年中楽しめる。超有名曲! | トップページ | vol.12 An die Freude ! (歓喜に寄せて)」 - これを聴かなきゃ年越しはできない! »

2009年1月 1日 (木)

vol.11 天上に響く極上のハーモニー、ア・カペラの魅力

20081230_cdgim041
(画像をクリックすると、ナクソス・ミュージック・ライブラリーの「アレグリ:ミゼレーレ(演奏:タリス・スコラーズ)」のページが開きます。全トラック冒頭30秒のみ無料で試聴できます。)

クラシック音楽というと、バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ブラームス、ショパン・・・と超有名どころの作曲家がまず思い浮かぶと思います。それもほとんどが器楽曲。映画やCMなどで使われるのが、オーケストラ曲やピアノ曲が多いので当然と言えば当然ですが。

そこで、一歩踏み入れて声楽曲を聴いてみてはいかがでしょう?とはいっても声楽曲にも独唱、合唱、オペラなど無数のようにあるので、どこから入ったら良いのか迷うところです。

ご紹介するのは、イタリア・ルネッサンス後期の作曲家グレゴリオ・アレグリ(1582-1652)という人物が書いた「ミゼレーレ」。

無伴奏による合唱曲で、澄みきった心洗われるハーモニーが印象的です・思わず祈りを捧げてしまいそうな感覚になります。この曲には逸話があり、14歳のモーツァルトが、一度聴いただけですべての音を忠実に楽譜に再現したというエピソードが良く知られています。これによってアレグリの名が広まりました。また1981年公開の映画「炎のランナー」でも使用され、国際的に知られるようになりました。現在でもイタリアのシスティーナ礼拝堂の聖務週間で定期的に歌われている伝統ある曲です。

いきなりオペラは重すぎる、かといって独唱じゃ物足りないというのなら、オススメの1曲。合唱の魅力も味わえて気分も安らぐ、一石二鳥です。

文:yasu(ナクソス・ジャパン)

【参考音源】(ナクソスの会員でない場合は、各トラックの冒頭30秒のみ試聴できます。)

01
モーツァルト:レクイエム/アヴェ・ヴェルム・コルプス(演奏:セント・クレメンティ・コンサート 指揮:ランドール・スワンソン)
02
オペラ A to Z

クラシック52万曲が聴けるインターネット音楽図書館 「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」が提供する期間限定無料試聴つきクラシック入門コーナー「ネットDE豪遊クラシック」はこちら。

« vol.10 これ一枚で春夏秋冬、一年中楽しめる。超有名曲! | トップページ | vol.12 An die Freude ! (歓喜に寄せて)」 - これを聴かなきゃ年越しはできない! »

週刊 あそこで聴いたクラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1172849/33719260

この記事へのトラックバック一覧です: vol.11 天上に響く極上のハーモニー、ア・カペラの魅力:

« vol.10 これ一枚で春夏秋冬、一年中楽しめる。超有名曲! | トップページ | vol.12 An die Freude ! (歓喜に寄せて)」 - これを聴かなきゃ年越しはできない! »

無料ブログはココログ